体外受精で妊娠する前に知っておく知識|赤ちゃんを迎える準備

母と子

自分でも勉強しましょう

妊婦さん

不妊治療とは

一般的には、夫婦が妊娠したいと思っていても、一年程度妊娠しない状態を不妊と言います。しかし、近年は結婚年齢の上昇に伴う出産可能年齢の問題があるため、この一年という期間に拘らずに早めに不妊治療を行うことが増えています。不妊治療では、最初はタイミング法から始まり、人工授精で妊娠に至らない場合は体外受精へと移行していくのが一般的な流れです。タイミング法とは、基礎体温を付けることで正確な排卵時期を導き出し、医師の指示のもとに妊娠しやすい日に性行為を行います。妊娠を目指しているのですから同然のように思われるかもしれませんが、この方法では想像よりも多くの方が妊娠に至ります。つまり、妊娠を望んでいても排卵時期を正確に把握していないと考えることもできるのです。

医師と相談しながら

タイミング法を何ヶ月か行っても妊娠に至らない場合は、人工授精に移ります。治療方針によりますが、人工授精からは卵子を育てるための注射が始まることが多く、女性の負担が一気に増加します。注射は、基本的に生理が始まってから排卵までの半月程度、毎日婦人科に通う必要があるのです。人工授精を数回行っても妊娠に至らない場合は、体外受精へと移行します。ここでは、卵子を育てる注射も強いものになり、副作用で体調を崩しやすくなる内服薬を併用することが多いです。体外受精では、さらに女性の負担が増え、薬が合わない場合には日常生活も辛いほどです。不妊治療は女性ばかりに負担が集まりがちですが、特に体外受精の段階に移行している場合には、ご主人の全面的なサポートが必要になります。

妊娠のためには必要不可欠

男女

子供を望んでいても、妊娠の傾向が見られないと悩んでいる人も多いです。そのような場合は、病院で不妊治療の検査を受けてみるとよいでしょう。不妊の原因は女性だけではなく男性にもあるのです。そのため、不妊治療の際には、なるべく夫婦で病院に行くことが望ましいです。

もっと読む

相性の良い所を選ぼう

レディ

大阪で婦人科クリニックを選ぶ時には、相性の良い所を選ぶようにしましょう。口コミや体験談を参考にするという方法もありますが、全ての人に良いクリニックはありませんので、気軽に探すということも大切になります。

もっと読む

妊娠のために必要な栄養素

服用

葉酸は妊娠時に摂取するといいらしいという程度のものではなく、医学的根拠のあることです。元気な赤ちゃんが欲しいのなら、葉酸を非妊時で240μg、妊娠時で480μgを意識して摂取し、サプリメントを飲み過ぎないよう心がけましょう。

もっと読む

Copyright© 2016 体外受精で妊娠する前に知っておく知識|赤ちゃんを迎える準備 All Rights Reserved.